基本知識 2020.2.10

管理職として働くことになる自動車販売店の店長に向いている人とは

自動車の販売には常に売上ノルマが付随してくるのは、売ることによって売上が生まれる商売とあって不可避です。管理職として店舗管理の仕事もしなければならない責任者になった場合、どのような仕事内容になるかを知っておくことが求められます。

 

自動車販売店の店長主な仕事

自動車販売店の店長は店の責任者である管理職としての仕事と、自動車販売というノルマ達成という両面の仕事を任されることになります。

 

売上を生むには何といっても自動車を販売しなければなりませんので、お客さんと接して自社の車のよさをアピールする知識が豊富にあることはもちろん、自分自身だけでなく働くスタッフにも気を配らなければなりません。

 

店長の仕事にはほかにも売ったら売りっぱなしではなく、買ってくれたお客さんへのその後のアフターサポートを充実させることも重要な使命となります。店長自らが電話などでアプローチをすることで、お客さんからの信頼を得られるからです。

 

アプローチの方法は主に電話で行うことになりますが、管理職である店長自らが電話をしてきてくれたということで店舗管理がしっかりなされているとお客さんが感じてくれるでしょう。

 

誰にいつ、どのようなタイプの車を販売したかをきちんと把握していて、その後の車の調子はどうかといったサポートに熱心に取り組むと店長としてだけでなく、信頼される店舗というお客さんからの認識を生み出します。

 

 

自動車販売店の店長メリット

自動車が高級品とはいえ、売れてこそ売上が確保できるとあって管理職が自ら外回りの営業をして、販売をしなければならないのではないかというイメージは強いでしょう。

 

さらに店で働くスタッフの管理もしなければならないとあって大変な仕事に思えますが、実際には販売店の管理職はもちろん、スタッフでも飛び込みでの営業はほとんどしていないのが特徴です。

 

飛び込み営業や外回りを必要としないのは、イベント開催をおこなうことによって主にお客さんが来るのを待って店頭で接客をすることができるのが大きな理由です。

 

この販売方法であれば外回りをしていたために、帰ってきてから店舗管理業務をするのに残業続きということもほとんどないでしょう。プライベートの時間が確保できないほど就業時間が長くなるということには滅多につながらず、店舗管理が比較的楽なのが自動車販売店で店長をすることの大きなメリットです。

 

就業時間がしっかり決まっているため、仕事とプライベートをきちんと分けてメリハリのある働き方ができるのも魅力の一つで、仕事とプライベートはきちんと分けたいという人なら頑張って早く店長になるのもいいかもしれません。

 

自動車販売店の店長向いてる人

自動車販売店はたいていがどこかの自動車メーカーの特約店となっていることから、電話や飛び込みでの営業がないとあって店舗にいる時間が長くなります。そのため、内勤業務にせっせと取り組める性分は店長に欠かせない要素です。

 

売上につなげるためにはイベントを催すなどしてお客さんに店舗へと足を運んでもらうスタイルがほとんどですので、むしろ次のイベントはいつ、どのようなテーマで行うかという店舗管理がしっかりできるほど、自動車販売店の店長には大変適していると言えるでしょう。

 

イベントを実施しないときは自動車販売店のショールームの中でただ車を展示しているだけとなり、頻繁に買い物客が訪れるわけではない品物を取り扱っていることからも、1日が終わるのが長く感じることもあるかもしれません。

 

仕事がないときの時間の進み方はひどくゆっくりに感じることから、こまごまとした業務を見つけて取り組んだり、スタッフとコミュニケーションを取る時間にあてたりと、時間の使い方を考えられる人も店長という管理職に求められる仕事が果たせると言えます。

 

まとめ

自動車販売店の店長というと、積極的に飛び回って車を販売してまわるというイメージがありますが、実際には店舗管理を中心とした地味な仕事も多いのが特徴です。店頭でにこやかな接客ができるとともに、コツコツ作業の仕事もこなせる人が店長に適しています。

BACK